鹿児島の整理収納アドバイザー サチです
お問い合わせ、ご依頼は
INFORMATION
より承っております
\ 重版ありがとう /

楽天ブックスはこちらから 
Amazonはこちらから

Instagram



食器洗いカゴをディッシュマットに変えて、なかなか快適だよー!
と記事にしました。

P7203232

↑お鍋なども置けるので、調理器具をたくさん使ったときも問題なくぽいぽい置けます。




このディッシュマットの恩恵を受けたのは私だけでなく、実は子どもたちにとっても使いやすいものでした。


わが家の食器洗いは、身長120cmを越えてから…というのがルール。
110cmの二男には、90cmの高さのシンクはステップにのっても高く感じます。

お皿洗いできないわけではないけど、無理な姿勢で洗うせいか、周りをびちゃびちゃにしてしまう…。

ある程度キレイを保ちつつ食器洗いをすますには、120cmがぎりぎりのラインでした。


そんな身長の問題もあり、夏休み期間中のわが家では、長女と長男が朝食後の食器洗いを交代で担当しています。

P8033088

これはある日の長男が洗ったあとのディッシュマット上。

片づけが苦手な長男だけど、意外ときれいに並べられていてびっくり!
これができるなら、日ごろの片づけもがんばってよー…と言いたくなるのをぐっと我慢(′∀`)


どのお皿もきちんと乾くよう、考えながら重ねず置いています。
フレキシブルに置けるディッシュマットだからこそ、子どもでも想像力を働かせながら
自由に配置できています。

私はアドバイスすることなくただ任せただけ。
洗いながら自分で考えてたどりつきました。←ここ重要★

教えられたことをやるよりは、考えながらやった方が、絶対に長続きできると思うので
余計な口出しはしませんでした。
はじめはツッコミどころ満載で、私の方の忍耐力が試されていたという…。



P8033084


アドバイスというか、ひとつ伝えたのが
「もし汚したら自分でキレイにふくなりゴミを拾うなりすること」ということだけ。

子どもたちなりに「どうすれば洗い終わったあとの後始末が少なくてすむか」も考えるようになっているようです。


はじめからバッチリ!ではなかったけど、少しずつ経験を重ねていくことで
長女と長男の食器洗いにかんしては、安心して丸投げできるレベルに到達しました\( 'ω')/

つまり、クオリティも問題ない食器洗いの戦力が常に3人分あるということ。
お母ちゃん、これは嬉しーーーーー♡


いつもより時間のある夏休みだからこそ、しれっと子どもたちに丸投げできます。

お母ちゃんにとっては忙しすぎる夏休み、ただだまってその忙しさを指をくわえて眺めているわけではありません。
忙しさの中で、未来の人材育成という楽しみを見つけています。

全力で推進中↓↓↓
ブログ村テーマ 家事育、はじめました 

ブログ村テーマ
主婦のつぶやき&節約&家事etc...

楽しい家事時間

シンプルに子供と暮らす

育メン・家事メン


記事ランキングへ↓
いつもありがとうございます♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村