鹿児島で整理収納アドバイザーを
やっています。

執筆やら講座やらセミナーやら
家庭教育学級講師やら
お片付けサポートまで
いろいろ活動中。

お仕事・ご依頼はこちらから↓

782bdbf038cc31158425a675eb57150f

暮らしのアレコレはこちらから
Instagram


P6171608

「アサデス。九州山口」の衣替え特集にて、男子部屋のクローゼットについて紹介させていただきました。

このクローゼット、以前からブログやインスタなどでも登場していたのですが、二男が小学生になるにあたって、この中の仕組みも少し変えていました。


わが家では、子どもが幼児のうちは衣類は1階の押入れで、小学生になったら自室のクローゼットで自分で管理する…というようにしています。

昨年春から、男子部屋には男児2人分の衣類を管理することになったわけですが、クローゼット1つに2人の衣類をすべておさめ、なおかつ、2人が自分で掛けたり取り出したりできるようにするが私に与えられたミッションでした。


で、画像のクローゼットは長男1人分の衣類が掛かっているところです。


P9063345

変更前もポールは2段になっていますが、これはIKEAの伸張ポールを壁に打ち付けています。
※8年くらい前に購入したので今もあるかわからないけど、IKEAで1000円もしないよい商品です!

これ、1人分なら問題ないけど2人分となるとさすがに足らなくて…(;'∀')



P6171632

100円ショップで材料を調達してきました。

わりとどこの100円ショップにもあるプラスチックチェーンと園芸用のポールです。
つっぱり棒でもよかったけど、園芸用のポールの方が太くて丈夫そうなのでこちらにしてみました!


P6181765

作り方はびっくりするくらい簡単で…。
チェーンでわっかを作って、ポールを通すだけ。



P6181757

長さのあるチェーンだったら、つなぎ目次第で高さを変えられます。
どもの成長に応じて変えられるというおまけつき。


P6181752

100円グッズでポールが2段になった状態。
ここに2人分の衣類をかけていきます。




P6171614

ではでは、あらためてbeforeを。

長男1人分の衣類が掛かった状態です。



P6181791

そしてafter!

ポールは2段分となり、無事、2人分の衣類を掛けることができました。

上段はまだ届かないので、次シーズンに着る衣類を 。
今まさに手の届く高さになる下段には、オンシーズンの衣類を。

衣替えは上段と下段でハンガーごとチェンジするだけ。



この仕組みになってからもうすぐ1年。
長男と二男はここで自分の服を選んで、洗濯した服も自分たちでここに掛けています。


この方法、100円ショップのグッズを使って壁に穴をあけることなく仕上げられるので
整理収納サポート先のお客様宅でも提案させていただいている方法です^^

12年間、男女MIXの3人兄弟の衣類管理は大変な時期もありましたが、その経験を仕事にいかせてよかったー(´∀`*)


ブログ村テーマ
100均☆100円ショップでお片付け♪☆収納 
web内覧会*収納・クローゼット♪ 
子供部屋の収納・片付け・インテリア
片付け×子供



子ども部屋のブランコ収納が快適だったので、ウォークインクローゼット内もブランコ式に変えました。


ここでは製品版を使用。

P6181781

テレビというエンタメなので、収納術というかテクニックの面に重点を置く内容となりましたが、お片付けの仕事をやっている身としては、ここでどうしてもお伝えしたいことが…。



子どもに、自分自身で衣類を管理できるようになってもらいたいなら、衣類の数はできるだけ少なくした方がいい。




お片付けの現場では、お子様の衣類が多いご家庭がほとんど。
子どもの衣類ってかわいいので油断したら増えちゃうんですよね…。
例えそれが子どもの意思でなくても。

特に乳幼児の服って問答無用にかわいすぎて、西○屋とか何時間でも居続けられる自信があります^^;


多くの衣類に囲まれて育てば、それがその子の適正量になります。
服がたくさんないと物足りなさを感じるようになります。
着ない服があっても、それが当たり前になります。

ミニマリストにならなくてもいいので、暮らしやすくなるための量に近づける…というのをまずは目標に。


お片付けの現場では、収納用品を使ってのテクニックなどは最初から伝えないことがほとんどです。
収納用品やテクニックに頼っても、モノとの向き合い方が根本的に変わらなければ、高い確率でリバウンドしてしまうので^^;


わが家の男子部屋クローゼットポールを2段にしたのは、子どもたち自身が管理しやすくするため。だって母さんラクしたいから。
そのためには、ポール2段分におさまるような服の量にすることが大前提でした。

整理収納は、暮らしの目的から逆算してモノの量を決めていくと、だいたいうまくいくと思います!



話がそれましたが、クローゼットを2段に分けて、衣類管理をラクにしよう!というお話でした。


ブログ村テーマ
住まいの片付けのコツと工夫 
押入れ〜クローゼットの収納


読者登録できます。LINEで通知きます。





いつもありがとうございます!
励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ