我が家にはパントリーという素敵ゾーンがないため
食品のストックを置く場所は
キッチンの最下段引出しになっています。






これが我が家のパントリー(涙)です。







右側にはレトルトものや麺もの、ふりかけやインスタント食品など。

ふりかけなどを入れている長方形の容器は
本来は、冷蔵庫で野菜を立てて収納するための容器(@ダイソー)なんだけど
冷蔵庫で使いこなすことができなかったので、ここで使用しています。
冷蔵庫で使えなかったときは、また無駄な買い物をしてしまったと嘆いていたけど
そこそこ深さがあるので、ここでの仕分けにちょうどよかったかも。







麺もの(主にパスタ)は、よくある縦型容器には保管していません。
この、なんちゃって引出しパントリーに入れておくためには
このような横置きがベストなので、100円ショップでこのパスタ保存ケースを見つけたときは
「あらら、引出しパントリーの家庭って意外と多い?」と嬉しくなりました(。-∀-)

タッパーウェアのようなケースなので、密閉性はなかなかのものです。
中途半端に残ったパスタも、袋に入れたままの状態で
この容器に入れっぱなし♪
数年使っていますが、これまでパスタの品質に何も問題なかったです。





パスタケースの下方にある「でこふり」は
無印のケースがぴったりで、でこふり自体の納まりもとてもよかった!

こんな風に、パズルのように収納がうまくいったときは
心の中で小さくガッツポーズしています。






1249222d.jpg

左手には白いケース3つと、缶詰類やパック類。
主にクリームコーン(コーンスープ用)やトマト缶やツナ缶で
たまにさんまの蒲焼缶や、さばの水煮缶など。





3つならんだ白い蓋のケースは
お米ストッカーの小ぶり版といった感じのケースで
蓋の一部分が開閉できるようになっています。

これがこの引出しパントリーでは大活躍!!!






キッチンの引き出しは残念ながら
奥まで全部引き出せるタイプの引き出しではないため
画像のように、奥数センチが取り出しにくい構造になっています。






でも、この白い蓋のケースなら
蓋を全部開けなくても、一部分だけ開閉できるタイプなので
引出しを全開できないままでも、蓋を開閉できるのです★

このケースを見つけたとき、
「これはあの引出しパントリーに使える!」と
またまた心の中でガッツポーズしていました(笑

これまでは、ごくごくフツーな仕切りケースを並べていたけど
中身を見せたくなかったので、白い蓋付きケースを探していたのですが
なんせ、この全開できない引出しがネックになっていたため
なかなかよいモノに巡りあえませんでした。
このケースは真っ白い蓋で見た目もなかなかいいし
何より100円だし、大活躍中です。



ちなみに、このケースに保管しているものは
かつおぶしパックや、春雨、マロニー、使いかけの砂糖、黒糖、ココア粉末、
さらには特殊な形のパスタなどなど、
それぞれ専用の保存容器を準備するまでのものでなく
なおかつ、パッケージが統一できないのもの。

これらのものをオープンなケースに仕舞っておくと
ぐちゃぐちゃ感満載なので
この白い蓋で、ぐちゃぐちゃ感を一挙に隠しているのです( ̄ー ̄)







こんな風に、パントリーがなくてもなんとかやっていけています。

でもやっぱりパントリーのあるキッチンに憧れます。
だって我が家には、お米やビールなど保管しておく場所がない…。
この前、実家からお米(5キロ袋)をもらったけど
置き場所がなくてカップボードに立てかけていました…。


大きいものをざっくりと保管できるパントリーがあったらなぁーと思います。



そんな憧れのパントリー、もしかしたら手に入るかもしれません!
まだ決定ではないけど、少し工事してパントリーができるかもしれません!!
でもその工事は来年になりそうです。
パントリーができそうだったら、今年中に終了させるといっていたブログを
少し延長させるかもしれません。
またそのときがきたらお知らせします♪







よろしければ、読んだ印に応援クリックお願いします!

いつもありがとうございますm(_ _ )m