キッチンパントリーの持ち手付きストッカーにカッティングシートを貼ってから
カッティングシートの魅力にハマってしまい、とにかくどこかに貼りたい!と
家中をウロウロしていました。

そして貼る対象となったのが、無印のなんちゃらケースです。(細かい名称は覚えていません)
このケースには、指を入れて引き出すための穴があるので、
カッティングシートを円形にカットしなければなりません…!







ではでは、早速カット開始~。
直線は簡単なので、同じサイズのシートをさくっと6枚作っていきます。







問題の円形部分は、スティックのりとほぼ同じ直径であったため、
スティックのりを立てて、鉛筆でのり周りをぐるりとなぞってみました。






描いた線に沿って、カッターナイフで慎重にカットしていきます。






そして、カッティングシートの円形くり抜きが完了しました!






不器用な私のクオリティなので、近くで見るとガタガタな切り口がばれてしまうけど
これで中身が透けて見えないので、かなりスッキリな見た目になりました★






このケースには鉛筆や消しゴム、クリップやペンなどを収納しています。
前面が真っ白だと、中に何が入っていても安心。

こういった作業は手間なのは間違いないけど、料理や掃除と違って
かけた一手間の効果がずっと続くのが嬉しいです。


↓10センチ単位で、10センチから購入できます。
■粘着シート サンゲツ リアテック ■




よろしければ、読んだ印に応援クリックお願いします!

いつもありがとうございますm(_ _ )m



先日、誕生日をむかえ、また一つ歳をとってしまいました。
誕生日には、実家の両親が子供たちをあずかってくれたので
夫と二人でよく行っていたカフェでランチしてきました。

子供が産まれる前は、二人で何度も何度も足を運んだカフェ。
ここ数年、お店はお休みしていたようですが、最近復活オープンしたことを知って
早速二人で行ってきました。
豪華ランチではないけど、色んな思い出の詰まったカフェで
すごく楽しい時間を過ごせました。
10年くらい前、よく二人で漫画喫茶に行く前に、ここで夕食を済ませていたのが懐かしいー!

私の誕生日は結婚記念日でもあるのですが、11回目の結婚記念日を
思い出の場所で過ごせて、幸せなひと時でした。