冬にコツコツと進めた押入れワードローブ化。









この改善で、LDKに隣接する押入れを有効活用できるようになりました。
でもね、ワードローブ化とは関係ないけど
以前から「押入れのココが使いにくーい!」ってとこがあったんです。


それは襖。

普段はなんてことないのですが
ある時、襖の開閉でとんでもなく「ムキーーーーッ(`×´)」
となることがあります。





それはこんなとき。

左右の襖をピッタリと揃えちゃって、指を入れる隙間がなく
ひじょーーーーに閉めにくいとき!!!

取っ手(手をひっかけるところ?!)がある方だったらいいのですが
この画像のように、取っ手が無い方だと
左右の襖をピッタリと揃えちゃったときは
心の中で「やってもぉーーーた!」と叫んでいます。






そんな使いにくさを改善しようと思って
家にある端材を引っぱり出してきました。

1.5cm角の端材 with 木工用ボンド。







端材に木工用ボンドを、ぴゅーっと塗って
襖裏に貼り付けるだけ。
そして木工用ボンドが確実に乾くまでしばらく放置。。。





そして…

襖裏の端材が取っ手がわりとなり
手をひっかけて、スムーズに閉められるのです★

子供たちに実演してみせると
「すごーい」と言ってくれました。
帰宅した夫にもドヤ顔で自慢しましたが
さほど大きな反応はありませんでした(-з-)チッ




これでもう、左右の襖をピッタリと揃えちゃっても慌てない!
端材一本で劇的改善!
どうしてもっと早く思いつかなかったんだろう?!
というより、元々こういう仕様の襖って無いのか?!

とにもかくにも
使いやすいことは暮らしやすいこと。
小さなことでも、暮しやすさにつながれば満足です。





「読んだよー」の印にクリックお願いします。

いつもありがとうございますm(_ _ )m