カテゴリ:【モノのこと】 > 100円・300円

▲お問合せ・ご依頼はこちらから▲冷蔵庫の一角に”半端食材救済ボックス”という名のフリーボックスがあります。ここには使いかけの野菜や食材などをぽいぽい放り込んでいます。例えばスープを作るときこのボックスにたまった半端野菜などを適当にカットして使ってみたり。

お片づけの現場へは掃除用のダスターを持参しています。キッチンダスターと同じ素材でくり返し洗って使えるところがお気に入り。このまま持って行ってもいいのだけど自分の持ち物や作業道具も、できる範囲でシンプルなものを持って行くようにしています。お客様に「すっきり

たけのこは旬がすぎてもながーく楽しめるよう茹でてカットしたものを冷凍しています。 普段づかいの包丁はGLOBALのペティーナイフ私にはこのサイズが一番扱いやすくてこればかりはじめて使ってみたこれ、たけのこのようなゴロっとした食材の保管にすごく便利でリピート決定し

先日、親しらずをぬいてここ1週間くらい痛みに悶えていました3度の帝王切開でも術後の痛み止めを追加注入をしないくらいけっこう痛みには強い方なんですが口の中の痛みには勝てませんでした(;´Д`)1週間、あまり動かずでもしっかりお腹はすいて「痛い痛い」とか言いな

子育てが小学生期にはいると日々のおたよりに加えてほんと色々な種類の紙モノが増えるなぁとちょっと疲れるときもあります。習い事のスケジュール表1週間保管しておきたい週報部活の行動予定表あとで各自で確認したいプリントなどなど。一つ一つの紙はたいしたことないんで

小学生がいるとどんどん減っていくおりがみ。家でも工作したり折ったりで使うけど学校の授業で持っていくことが本当に多くて一昨年は小学生が3人いたわが家はそれはそれはたくさんのおりがみが飛ぶように消えていきました^^;小学生を3人育ててきた経験から2つのおりがみ

PROFILE

サチ

鹿児島で整理収納アドバイザー/整理収納教育士として活動中!
丁寧に暮らせないけど、快適に暮らしたい3児の母です。

●好きな家事 片づけ ●苦手な家事 片づけ以外
●好きな言葉 効率化 ●苦手な言葉 手間暇

著書
■片づけ日和-快適な暮らしを実現させる仕組みづくりー
■めまぐるしい毎日でも暮らしが回る 50点家事